9ヶ月で初の“あせも”に。対応と治るまでの経過【写真付き】

9ヶ月の息子があせもに 病気・けが

9月に入ってから、ついに始めて“あせも”を経験してしまいました。お風呂に入れるときに肌着を脱がすと、小さな赤いポツポツが胸と背中に。幸い3日できれいに治ったのですが、そのときの対処や経過を書きます。

 

汗かきなので警戒はしていたが・・・

うちの息子のまめ大福は、とにかくアクティブ。起きているときは絵本を読んであげているとき以外じっとしていることがありません。

ずりばいとはいはいを巧みに使い分け興味のあるところに高速で移動し、最近習得したつかまり立ちで少し高いところにある物でも触る、つかむ、そして舐める。

お座りさせてもすぐにはいはいの体勢へあっと言う間に変化します。我が子ながら、すばらしい成長ぶりです。

そんなまめ大福さんは、冷房をかけた部屋にいても常に頭や上半身が汗ばんでいます。

常に汗ばんでいると心配になるのは、やっぱりあせも。妻も僕も小まめにタオルで拭いたり、着替えをしたりで警戒していました。

 

9月のちょっと涼しくなった日に

そんなふうに警戒し、8月も無事に過ぎ、酷暑の今年の夏を越せたと思っていたときに、ついにあせもを経験してしまいました。

9月に入ったからか、雨が降っていたからか、その日は我が家のリビングは冷房をつけなくても過ごせるような日で、久しぶりに冷房をかけずに一日を過ごしていた日があったのです。

その日の夜、いつもどおりお風呂に入れるためにまめ大福の服を脱がせたとき、胸と背中に赤いポツポツができていることに妻が気づいたのでした。

浴室でまめ大福のお風呂を担当するため、待機していた僕も、いざまめ大福を妻から受け取るとすぐに気づきました。

 

お風呂に入るとさらに目立つ

その赤いポツポツは、お風呂に入ると血行が良くなるからか、赤みが増して、さっきよりも俄然目立つようになりました。

胸の方は首の下あたりにもポツポツが及んでいることにこのとき気づきましたし、背中の方はほぼ背中全体に出ていることもわかりました。

思いのほか広範囲で、そして赤みが増してひどく見えたので、妻に報告し、調べてもらうように頼みました。

ネットで画像検索した結果、まめ大福と同じ赤いポツポツがヒット。これはやはりあせもで間違いないだろうと思いました。(逆に別の病気や肌トラブルでなさそうなことに半分ホッとしたところもありました)

 

 

 

対処方法は、ベビークリームと冷房

お風呂上りには普段から使っているベビークリームを少し多めに塗りました。ポツポツの出たところはさらに重点的に。ベタつくかなとも思ったけど、肌の状態をきちんと守ってあげるのが先決かなと考えました。

うちのまめ大福に使っているのは生まれてからずっとこのベビークリーム。和光堂のミルふわ ベビーミルキーローションです。乳液タイプで伸びがよく、しっとりしつつベタつかない、夏でも使える万能クリームです。

あとは、比較的涼しい夜でしたが寝るときにも冷房をつけました。なぜならば、湿度計が75%と表示されていたから。まめ大福は汗かきなので、あせもが悪化すると思ったのです。気温よりも除湿を目的にその日も朝まで冷房をかけました。

 

症状の経過

そんな何となくの対処ではありましたが、翌日にはかなりよくなっていました。ポツポツはありますが、赤みが薄くなっています。

その日も同じように対処をし、さらに次の日、あせも出現から3日目のお風呂のときには、赤みはほぼなくなり、ポツポツも触ってわかるかなぁという程度にきれいに改善。

2日後くらいに暑さが戻ってきた日に少しだけぶり返しましたが、同じようにクリームを塗って冷房をきちんとかけてあげれば、きれいに治りました。今ではもう元通りのきれいなお肌です。

 

まとめ

今回はじめてあせもを経験して焦りましたが、保湿と、特に夜寝るときの湿度をコントロールすることで大きな効果があることがわかりました。

ただ、今回息子がかかったあせもは程度の軽いものだったかもしれません。もし2日ほど対処をしてみて、改善が見られなければ素直に病院に行くことをオススメします。

 

 

コメント