Amazonでハチミツとベビー用品を買うとボツリヌス菌の注意喚起メールが届く。

Amazonでハチミツとベビー用品を買うとボツリヌス菌の注意喚起メールが届く。 病気・けが

最近、こんなAmazonからこんなメールが届きました。

過去一定期間内に、ハチミツと乳児向け商品を購入したお客様へ。ということで、乳児のボツリヌス症への注意喚起メールです。

最近ではあちこちで見かけますが、Amazonでもこのような対策を取っているのですね。

 

マヌカハニーとおしり拭きを買った

確かに、僕は最近、ハチミツと乳児向け商品をAmazonで買っています。

ハチミツは、喉の乾燥にめちゃくちゃ効くマヌカハニー。これを10月に買っています。

乳児向け商品は、おしり拭きですね。これはAmazonの定期お得便で2ヶ月に1回の定期購入をしています。

あとは紙おむつを買ったりもしていましたね。

なるほど、確かにこんな家庭にボツリヌス症の注意喚起メールを送るのは効果的ですよね。ちゃんと気をつけています。しかし、Amazonもここまでしていることに驚きました。

 

ボツリヌス症による死亡事故

ボツリヌス症とは、ハチミツにつきやすいボツリヌス菌という菌が、乳児の命にかかわるダメージを与える症状。

このボツリヌス症での死亡事故はかなり最近で、2017年の3月なんです。都内の6ヶ月になる男児がハチミツを定期的に与えられており、それでボツリヌス症を発症してしまったという、とてもとても悲しい事故です。

蜂蜜にボツリヌス菌 男児死亡で改めて注意喚起「1歳未満の乳児に与えないように」/産経ニュース

この記事にある通り、ハチミツって健康にいいイメージが定着してますもんね。甘いし、子どもにあげると喜ぶかも。と、何も知らなければ考えてしまうのもわかります。

この事故以来、ハチミツを含む商品には必ず「1歳未満の乳児には与えないでください」などと注意書きが書かれています。

その効果もあってか、最近ではよく知られるようになったという感覚があります。気をつけたいのは、ハチミツを含むおやつやパンなどもダメということ。親が細心の注意を払う必要があります。

しかし、うちの息子はちょうど1歳になりましたが、いつからあげてもいいのか…。怖いので与えるのはまだまだ先になりそうです。

 

 

コメント