滋賀県マキノ高原のメタセコイア並木道を子どもと散歩

体験記

5月の新緑の季節。滋賀県はマキノ高原というところにある、メタセコイアの並木道をおニューのベビーカーで散歩してきました。とても気持ちのいいスポットなのでご紹介です!

 

うちの両親がドライブにたまに出かけると聞いていたこのスポット。ゴールデンウィークの初日、「孫と一緒に出かけないか」と声をかけたところ、喜んで道案内とガソリン代以外の支払いを買って出てくれました。

 

マキノ高原の場所

マキノ高原は滋賀県のホントに一番上のところにあります。大阪や名古屋からだと遠い方になりますが、北陸からだととてもアクセスしやすいですね。

 

新緑のメタセコイアの並木が美しい

見どころはメタセコイアという木の並木道。2.4kmに渡って約500本のメタセコイアが植えられています。

写真のとおり、ゴールデンウィーク初日だったこの日にはたくさんの人が来ていました。新緑のメタセコイアの優しい緑色。そこからの木漏れ日。とても癒される情景です。

 

ドライブにもってこいな観光地なので、休日ということもあってか車通りは結構激しかったですね。季節がらバイクでツーリングする団体さんも多かったです。

家族連れ、本格的なカメラを抱えて一人歩く青年など、いろんな人が来て賑わっていました。

 

ちょっと車が途切れたときに車道に立って写真を撮りました。思わず深呼吸したくなる写真でしょ。

 

 

ベビーカー初解禁

そして、最近買って使うのを楽しみにしてたベビーカー。これを開封して息子のまめ大福に乗ってもらうのが、このゴールデンウィークでやりたいことのトップでした。

関連記事:ベビーカーは「ランフィ リノン」に決定!決め手は最高の“押しやすさ”

初解禁したランフィリノン。その使い勝手はどうだったかというと…

実は、歩道が結構ガタガタしていてうまく検証できませんでした。一言で言うとベビーカーである国は向かない歩道でしたね。結局車道を歩きましたが、土曜日で車やバイクの往来が多く、ちょっとスリリングでした。並木道を安全・快適に歩くなら、抱っこひもの方が正解ですね。

でも、シングルタイヤでハンドルを切るのがスムーズなのは感じましたね。屋内ではスイスイ動かせましたし、人混みを避けるのも楽でした。まあでも、ベビーカーの使い勝手については別記事に書くとします。

 

マキノピックランドで休憩できる

この並木道のところには、マキノピックランドという施設があり、食事ができたりトイレがあるのはもちろん、地元の農産物の販売や、高原ということで、絶品のジェラートも楽しめます。

オムツ交換台や授乳室もあり、着いたときと帰るときの2回、使用させてもらいました。おかげでまめ大福も不自由なく散歩を楽しむことができました。


(新緑のもとでおっぱい飲めるの最高!)

 

ジェラートが絶品…らしい

マキノピックランドの施設のなかはすごい人。手前がお土産売り場で、奥が簡単なおやつなどが食べられるフードコートみたいになっています。

ここのジェラートがすごくおいしい!と、両親に教えてもらい、帰る前に寄ったのですが・・・

 

ジェラート完売してたーー!!

ぐぬぬ。めちゃくちゃ食べたかった。よって「絶品…らしい」止まりでしか書けません。

時刻は15時すぎだったと思いますが、すでに完売。休日だとおやつの時間には売り切れる可能性あります。人気で売り切れているワケですから、絶品なのでしょう。食べたければ着いてすぐ食べるのをオススメします。

 

まとめ

滋賀県のマキノ高原、メタセコイア並木は、新緑はもちろん、赤く紅葉する木でもありますので、秋もかなりいいみたいです。散歩をしたいと思うと、やはり春か秋がいいですね。

子ども連れの方もかなり多かったです。うちの子より小さい子も抱っこひもで来てましたね。うん、並木道を歩くならベビーカーより抱っこひもがオススメです。

授乳室の中にオムツ交換の台も設置されていました。赤ちゃんがお腹を空かせても安心です。

そしてジェラート!着いたらまず食べましょう!おやつの時間の15時すぎにはもう完売かもしれません。

コメント