首がすわった“まめ大福”。うつ伏せとパパのお腹の上に立つと不機嫌も吹き飛ぶ

体験記

3ヶ月になり、首もほぼ完全にすわった我が家の長男“まめ大福”。最近のお気に入りの遊び(運動?)は、うつ伏せと僕のお腹の上に立って僕を見下すこと。やはり首がすわるとできることが増えて親側も楽しいですね。

 

こんにちは。0歳児パパのつぶあんです。まめ大福が生まれて3ヶ月が経ちました。3ヶ月というと短い響きですよね。でも、とても長く感じます。たった3ヶ月と少し前にはまめ大福はいなかったのか…。と考えても、うまく理解ができません。

そんなまめ大福もほぼ首がすわり、抱っこをするにでもとても楽チンになってきました。今日は最近彼が気に入っている運動を紹介します。

 

うつ伏せトレーニングが首すわり促進に効果的

という記述を妻が買って来た雑誌で見かけた僕たちは、2ヶ月が経ったころから、少しずつまめ大福にうつ伏せの体勢をさせてきました。なんでも、首を持ち上げようとするときに首の筋肉を鍛えることができ、それで首すわりが早まるとのこと。なるほど。

最初にうつ伏せにしたときには、まだ全然首が持ち上がる雰囲気はありませんでした。それでも、毎日少しずつさせてみると、次第に本人は首を持ち上げようとしているのが伝わってくるようになりました。それがたまらなく可愛かった。

さらに続けると、首が少しの間持ち上がるようになり、首がこくんこくんと、赤べこみたいな動きをするようになりました。


(ご参考「赤べこ」)

そしてついに!3ヶ月が経って少し経った今では、すっかり首がすわりました。3ヶ月で首がすわるというのは、まぁ、標準でしょうか。早まったのかは謎ですが、それでも息子が無事成長のステップを踏んでいるのは嬉しいことです。

 

うつ伏せは今や楽しい遊び兼運動に

今ではすっかり、うつ伏せは彼にとって楽しいことのようです。首を持ち上げるのはしんどいだろうに、顔が穏やかで笑顔も多いです。

普段は重力に逆らえないほっぺのお肉も、このときにはしゅっとしてイケメン度がアップします。

寝がえりはまだできず、真上を向いて寝ている時間が長い彼には、うつ伏せの体勢とそこからの景色は新鮮なようです。

また、体力を使うことにもなるからか、昼寝や夜の寝つきが良くなりました。

 

パパの上に立つのが大好き

そして最近させ始めたのが、この遊び。僕たち親が仰向けになり、まめ大福の両脇を支えて、腰やお腹の上に立たせてあげる。

これも首がすわったからできるようになったことですね。これが彼は大好きです。不機嫌なときでもこれをさせると一気に笑顔になります。親を見下す姿勢が痛快らしいです。

これもやっぱり、普段の寝ている姿勢とまったく体勢も景色も異なり、新鮮で楽しいのでしょう。

ちなみに、この体勢から僕の顔の方に倒れるようにして寸止めする遊びも好評をいただいております。めっちゃ笑顔になりますね。

 

 

首がすわってできることも増え、親子ともに楽しいです。ただ、順調に体重も増えているので、抱っこは単純に腕にくるようになりましたね。妻が最近マッチョになりました。「腹筋でも割ろうかな」なんて謎の発言をする始末です。

休みの週末くらいは妻の腕を休めさせてあげたいものです。今日明日、がんばりますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました