「こどもちゃれんじベビー」特別号から始めました。新米パパには強い味方だ。

おすすめアイテム

この度、「こどもちゃれんじベビー」を始めてみました。先日、資料請求をして、ほぼ即決でした。特別号から実際に取ってみると、これは本当に優れた商品ですね。今回は初めて届いた特別号の内容を息子の反応をもとにレビューしますね。

 

僕たちがこどもちゃれんじベビーを資料請求して、結果実際に始めた経緯はこちらの記事を読んでみてください。
関連記事 ⇒ 「こどもちゃれんじベビー」口コミ・感想を見て、資料請求してみた

 

特別号から始めるのが絶対お得

何といっても最初に伝えておきたいのはこのこと。

こどもちゃれんじベビーは、初回になる6ヶ月号から取る場合、その初回の6ヶ月号が「特別号」になります。

特別号だと、おもちゃ(教材)がグレードアップされたものが届くんです。

今現在、このジムメリーが届きます。特別号でなく、通常の6ヶ月号だと、このマットだけだそうです。これはえらい違い。絶対特別号を狙ってください。

その特別号の申し込みは、あなたの赤ちゃんが「生後5か月になる月の12日まで」と締切が決まっています。

うちの息子のまめ大福も滑り込みでした。まだ間に合うタイミングで見られたのなら、チャンスですよ。まずは資料請求してみてください!

資料請求先 ⇒ こどもちゃれんじ

 

特別号の内容

申し込みから3日ほどで特別号が届きました。

こちらがジムメリーのセットですね。

 

簡単に組み立てることができました。マットは薄いんですが予想よりふかふか。子どもが寝たままでも痛くなさそうです。

 

あと、絵本が2冊。5ヶ月くらいになると、絵本って食いつき良くないですか?うちの息子も大好きです。また、パパ的には「うたあそびBOOK」が嬉しかったですね。童謡がまだ習得不足で(笑)

 

そして、親向けの冊子。子どもの月齢に合わせた遊びや生活について雑誌のように教えてくれます。「月齢に合わせた」ってのが素人にはやっぱり難しい。教わることは、いつでもたくさんあります。

 

子どもの反応は…?

さて、肝心の息子、まめ大福の反応はどうでしょう。

ということで、早速ジムメリーの下に寝かせてみました。

食いつく食いつく!寝かせた瞬間、目の前をふよふよするチョウチョを「むんず」と握りました。このチョウチョ、羽を握ると「カシャカシャ」音がするんです。

 

今日も飽きることなくチョウチョをむんずのカシャカシャしています。寝返りを習得した今、ちょっとトイレに行くのも心配。そんなときにも大活躍しています(メリーで遊んでいると寝返りを忘れるらしい)。

 

その他にも、マットの端にあるお家をめくるとうさぎさんが出て来たり、

ぞうさんの尻尾がひもになってて握って遊べたりという細かい工夫が見られます。

 

まめ大福は前からあるプーさんメリーも大好きなんですが、このジムメリーの方が軽くて出したり片づけたりしやすいので重宝しています。プーさんメリーは音楽聞きたいときに使うからね…!

関連記事 ⇒ 「プーさんメリー」が超優秀。トイレや食事のときに大活躍

 

まとめ

やっぱり、「月齢に合わせた遊びをさせてあげないと」という気持ちが一番強く、ちゃれんじベビーを始めることにしました。6ヶ月も7ヶ月も、もう一生にそのときしかありませんからね。

毎月取ると言っても、2,000円で済むのも安心のポイント。

置き場所には困るかもしれませんが、短いスパンで2人目がやってきたらまた使えるかも。なにより、まめ大福が喜んでくれるならオールOK!って感じです。


(いえーい。毎月おもちゃ!)

 

最初に書いたけど繰り返します。
特別号の申し込みは、あなたの赤ちゃんが「生後5か月になる月の12日まで」ですからね。

まだ間に合うならば、ちょっとラッキー。ですよ!

無料で資料請求できます。 ⇒ こどもちゃれんじ 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました