雑誌「NHKのおかあさんといっしょ」2021冬号の付録は歌が流れる優れもの

雑誌「NHKのおかあさんといっしょ」2021冬号の付録は歌が流れる優れもの

げんき読者サポーターとして、「NHKのおかあさんといっしょ」が届きました!

初めて手にする雑誌でしたが、「おかあさんといっしょ」好きな子には喜ぶこと間違いなしの充実内容でした。

今回は、2021年の冬号をレビューしていきますよ!

雑誌「NHKのおかあさんといっしょ」とは

雑誌「NHKのおかあさんといっしょ」とは、春夏秋冬ごとに発行される幼児向け雑誌です。

  • 発売日:2、5、8、11月の15日(2021年)
  • 特別定価:1,100円
  • 内容:NHKテレビ番組「おかあさんといっしょ」で大人気のキャラクターやコーナーが盛りだくさん。毎号付録が付いています。
  • 出版社:講談社

【参考元】講談社 こどもクラブ http://kodomo.kodansha.co.jp/oka/

ページを開くたびに「おかあさんといっしょ」のキャラクターやコーナーがたくさん登場するので、子どもはもちろん、いつも一緒に「おかあさんといっしょ」を見ているパパママも楽しい内容ですよ!

2021年冬号を見た3歳息子の反応

雑誌「NHKのおかあさんといっしょ」2021冬号

今回レビューするのは、「NHKのおかあさんといっしょ」2021冬号です。

表紙を見ると、付録の情報がガツンと印象的ですね。

「こぶたぬきつねこ」の歌が流れるおもちゃが付いているのがパッと見でわかります。

今回、届いたこの雑誌をテーブルの上に置いておいたら、朝起きて来た瞬間、目ざとく息子のまめ大福が発見しました。

まめ大福
まめ大福

これ、あたらしいご本??

そして、僕の返事を待たずにページをめくり出しました。しかし、付録の箱を見つけると、ページをめくるのも一旦ストップし、付録を開けてくれとせがんできました。

つぶあん
つぶあん

付録強し・・・

付録と雑誌、合わせて1時間以上はこの雑誌で集中して遊んでいました。

その後も、たくさんのページがあるので、「これやってみようよ」と親から促すと、喜んで取り組んでいましたよ。やはり、親しんだ「おかあさんといっしょ」だからでしょう。

長いおうち時間のなかで、休日の「何しよう」にも活躍してくれる一冊でしたよ!

付録「こぶたぬきつねこカタカタボタン」

こぶたぬきつねこカタカタボタン

なんだかんだ、まめ大福が最初に手をつけたのは付録でした。

というわけで、まず付録からご紹介です。

今回の付録は、遊ぶためには電池が必要なタイプでした。

電池を入れて、「♪」のボタンを押すと、「こぶたぬきつねこ」の歌が流れてきます。

その歌声は、あつこおねえさんとゆういちろうおにいさんの歌声です!さすが「おかあさんといっしょ」!これは嬉しいポイントです。

こぶた、たぬき、きつね、ねこ、それぞれのボタンを、歌の「こぶた、たぬき、きつね、ねこ」のタイミングに合わせて押して遊ぶようになっています。

まめ大福もすぐに意味がわかって、上手にタイミングよくボタンを押して遊ぶことができてましたよ。

まめ大福
まめ大福

これ、ママにも見せる…!

この日は休日だったため、早起きしたまめ大福でした。朝活していた僕のもとに5:30くらいに起きてやってきて、雑誌を見つけた次第です。

その後、妻が起きてくると、自慢げに付録を掲げ、上手にボタンを押せることも見せつけていました。

 

シールがたくさんで嬉しい

付録のあとは、シール貼りにいそしんでいまいた。

普段からシールが大好きで、100均に行った暁には必ずシールシートなりシールブックを買うことになります。

そんなまめ大福、この雑誌を開くと、最初にシールがたくさん付いていてテンションが上がっていました。

最初に貼りたがったのは、ドーナツのシール。

最初にザッと雑誌を開いたとき、「あげあげドーナツ」のページがあることに気づいていたようです。

まめ大福は「あげあげドーナツ」の歌が大好きなのです。あの謎のテンションが好きみたいですね。わかります。僕も妻も大好きですから。

この「あげあげドーナツ」のページのように、「おかあさんといっしょ」の歌やコーナーにリンクしたページがたくさんあり、その一部にはシールを貼って遊べる内容もある形になっています。

また、「すきな ところに はりましょう」枠のシールの存在が尊い…!

シール好きな子どもには絶対嬉しいですよね。「おかあさんといっしょ」のおにいさんやおねえさん、キャラクターのシールが、指定のページに貼るもの以外にたくさん付いていました。

まめ大福は僕にコピー用紙を所望し、そこにフリーダムにどんどん貼っていました。

「おかあさんといっしょ」のリンクがナイス

この雑誌のコンセプトなので当たり前なのですが、それでもテレビで見る「おかあさんといっしょ」と内容がリンクしてるのはありがたいです。

いや、だって、子どもの食いつきがめっちゃいい!

こちらのページ。「プリンセス・ミミィと音の城」が取り上げられています。

「プリンセス・ミミィと音の城」は、2020年12月27日に放送された、スペシャル番組。見られたおうちも多いのでは?

うちも、しっかり者の妻はちゃっかり録画していて、年末年始の期間に3回ほどは見た気がします。

それが雑誌でも登場したので、まめ大福も反応していました。

まめ大福
まめ大福

ミミィちゃん!

あとは、「シルエットはかせ」のページも反応が良かったですね!

親向けのコンテンツも豊富

僕たち親側が楽しめる内容もたくさんありましたよ!

「あげあげドーナツ」の作曲者と作詞者のインタビュー記事では、このお2人が「クレヨンしんちゃん」の「オラは人気者」を作ったペアだということも知ることができました。

確かに、雰囲気というかテンションが似てる気がします。

また、「お兄さんお姉さんのなま声トーク」というコーナーでは、お正月の思い出をテーマに4人のお兄さんお姉さんのコメントが紹介されていました。

このなかの、まことお兄さんの部分には「そんなこと書いちゃっていいの!?」と思ってしまうような、なかなかプライベートな思い出がチラリと書かれていました。世のまことお兄さんファンのママが嫉妬するのでは…?

親子でおうち時間を楽しめる一冊

全50ページほどの中に、「おかあさんといっしょ」にちなんだ、子どものワクワクを刺激してくれる内容が盛りだくさんの一冊でした。

今年はあと3冊。夏、秋、冬に発行されます。楽しみです。

保存しておいて、子どもが大きくなったときに、「これ覚えてる?」と見せるのもいいかもしれないですね。

僕自身は「にこにこぷん」世代なのですが、今でもよく覚えています。でも、「実際にどんなキャラだったか」「親目線で見るとどんなものだったのか」、見れたら見てみたいなぁと思ったりしました。

テレビだけでなく、雑誌でも「おかあさんといっしょ」を味わえる、楽しく優しい雑誌でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました